post by m7a12yps | 0 comment

膣のにおいについて

膣のにおいの原因は雑菌

膣のにおいは、女性が密かに感じている特有の悩みです。個人差はあるものの、気軽に人には相談ができませんので、一人で悩みがちです。ですが膣の悩みもケア次第で、解消をしていくことができます。外陰部や膣内というのは、雑菌の繁殖がしやすいゾーンであり、においの原因となっているにも雑菌です。経血やおりもの、尿や垢などといった老廃物が排出されますから、雑菌の発生は多くなります。おりものの分泌はタンパク質成分も多いため、雑菌の繁殖に関しては好条件が整います。雑菌がどんどん繁殖をすることで、余計に感情は悪くなってしまいます。高温多湿の環境家であり、雑菌の繁殖には好条件の栄養源まで揃っています。こうした環境は、雑菌が増えるのにはまさに天国のような状態です。ですからその環境を清潔にしていくことにより、雑菌は追い出していくことができます。雑菌が増殖をすることで膣内環境は悪くなりますから、その逆を考えれば対策も打ちやすくなります。まずは原因となって活躍をしてしまう、雑菌の発生を抑える必要があります。それとともに定期的な洗浄によって、清潔な状態を保つ必要も出てきます。なにはともあれ、清潔が大事です。

 

膣は清潔に保つことがとても大事

膣を洗浄して清潔を保つことはとても大切ですが、内部への石鹸成分の使用は控えましょう。雑菌に対して退治する働きがある、善玉菌まで一緒に洗浄成分で洗い流してしまうからです。そうなれば、自体は余計に悪化してしまうことになります。病原体の外部からの侵入を防いでいて、もしも侵入しても雑菌が増殖できないように守り、膣と守っている自浄作用があります。その作用を、大切な善玉菌まで洗うと作用が低下することになります。ですから石鹸やボディーソープで、仲間で洗うのはやめましょう。とは言っても、普通の水やぬるま湯のみでは、体液のタンパク質や雑菌類まで、完璧に洗い流すのは大変なことです。そこで専用の、成分も優しい成分配合の洗浄剤を選んで使用することになります。選ぶときの条件としては、善玉菌まで一緒に洗浄をしてしまわないこともひとつです。おりものなどによって発生する、タンパク質の汚れまで、しっかり洗い流せるかも、必須条件となってきます。さらには乳酸成分を含有しているかも、チェックしたいポイントです。乳酸成分配合であれば、膣内における善玉菌を増殖することができて、気になる膣のにおい解消にも効果的だからです。

 

 

関連ページ:女子力アップ、デリケートゾーンの臭いを消す